5月から9月は日焼け止めでしっかりとした対策を

5月というとまだまだ夏までは少し間がありますので油断をしてしまいますが、紫外線の量は5月から急激に増えます。それが9月まで続きますので、夏になっていないからと気を抜かずにしっかりとした対策を行わなければなりません。
日焼け止めクリームを選ぶ際にSPF値やPA値のできるだけ高いものを選ぶ人も多いようです。海や山などのレジャーに行く時にはそれで正解ですが、普段街中を歩く程度ならそこまでの強いものは必要ありません。SPF値が30~40程度のものをまんべんなく塗って、一定時間が経ったら塗り直すのがもっとも良い使い方です。数値の高いものは効果も優れているのですが、その分ダメージも大きくなりますので肌のことを考えたらその都度状況に合ったものを選ぶ必要があります。
これから梅雨に入り、その後に夏がくるのだからまだ大丈夫などと思っていると、うっかり日焼けをしてしまいます。日焼けをすると肌が赤くなって火傷のような状態になることがありますが、それだけでなく慢性的に浴びることで皮膚に変化が起こって光老化が引き起こされることもあります。しわやしみ、皮膚のたるみ、硬化などがこれに当たりますので、正しい対策が必要です。

草加市の整骨院で猫背改善をしましょう!