スキーの時は日焼け止めを忘れずに

冬になるとどうしても忘れがちな日焼け対策。
日照時間も夏と違って短いために日常生活ではあまり意識しないかもしれませんが、
スキー場に行かれる際は日焼け止めクリームを塗らないと、
思いのほか日に焼けてしまうことが多いです。
あまり考えられないかもしれませんが、
スキー場は標高が高く、雪が積もっています。
雪はカメラのレフ版のように太陽の光照り返すため、
太陽光が普段の2倍の量が自分にあたることになります。
ということは、日に焼ける可能性も高くなるわけです。
実際、私も晴れた日のスキー場で一日中
滑走を楽しんだ日は日焼け止めクリームを塗り忘れると
顔が真っ赤になって、しっかりと日焼けをしていまうという経験も多々ありました。
女性の友人もそのことは頭になく、
日に焼けて嘆いているという場面を幾度となく目にしました。
ゴーグルやサングラスをかけていることも多いので、
うっかりしていると跡がくっきりと残ってしまうこともあります。
冬だからということでスキー場での日焼け止めは忘れがちなものですが、
肌を守るためにも、スキー場、特に晴れた日には日焼け止めクリームを忘れずに塗ったほうがいいでしょう。
年に何度も行くようなところではないので忘れがちですが、
スキー場での日焼け止め対策、忘れないようにしたいものです。