傷口に日焼け止めはOKか

日焼け止めは紫外線から肌を守ってくれるものですが、含まれる成分によっては刺激を与えることもあるといわれています。ですから、傷口がある場合にはそこに塗っても大丈夫なのかと不安になります。結論からいうと、傷になっている所にはしっかりと日焼け止めを塗らなければなりません。
紫外線を浴びた時に色素沈着が起こるのは、肌を守るために大量のメラニン色素が生成されるためなのですが、怪我をしている部分は紫外線から守るための皮膚が失われていて非常に無防備な状態ですのでしっかりとした対策を行わないと容易に色素沈着が表れてしまいます。傷口の状態があまりにも酷くて日焼け止めを塗ることができない場合には、紫外線から守るためにガーゼなどで覆っておく必要があります。そうでなければ紫外線対策を行うことは必須ですので、他の部分と同じように日焼け止めを塗ります。
ただし、必要だとはいっても肌への負担が大きい商品を使うと肌トラブルの原因にもなりますので、なるべく優しい商品を選ぶようにします。おすすめは紫外線吸収剤の含まれていないノンケミカルタイプであり、肌に潤いを与えたり保湿を行ってくれるような成分が含まれていると更におすすめです。