冷感タイプの日焼け止めでクールに

夏のシーズンはUVカットが必須にはなりますが、UVカットクリームなど、ベタつきが気になる商品もあります。冷感タイプの日焼け止めアイテムであれば、肌にもクールにベタつきなど気にしないで、紫外線対策をすることができます。夏の時期の悩みは、汗の多いベタつきや、強い紫外線になりますので、ひんやりした冷たい感じのする、UVカットスプレーやクリーム、ジェルなどを愛用して、白い肌を守ることです。
UVカットのスプレーやジェルは、長時間の効果があるとしても、汗をかいたりすると、その成分が流れていきます。今では石鹸で落とせる、かなり肌にも優しいタイプもありますが、とにかく夏場は塗り直しなどをすることです。UVカットジェルやスプレーの効果は、SPFの数値や、商品の種類によっても、持続や効果には違いがあります。
でも肌を黒く焼いてしまわないように、朝のUVカットケアをしたら、お昼にも塗り直しなどをすること、夏場であれば外出時に、汗をかいたあとには、汗を拭き取って塗り直すことが必要です。塗り直す時には、水分はティッシュやあぶらとり紙でオフしてから、素肌に塗り直すようにします。クリームやジェルが苦手でも、日焼け止め効果のある、冷感スプレーなら気持ちよく使うことができます。