メラニン色素の特徴について

メラニン色素とは、名前くらいは聞いたことのある人が多いでしょうが、皮膚のホクロやシミなどの原因となる褐色から黒褐色の色素です。ホクロやシミの原因色素だということで、特に女性にとっては美容の大敵とされることも多いのですが、実はホクロやシミだけにあるわけではありません。皮膚の肌色そのものもメラニン色素の色ですし、髪の毛の黒色もこの色素です。
そもそもヒトはどうしてメラニン色素を作るのかというと、おそらくは紫外線から体を守るためであると考えられています。紫外線は細胞のDNAを損傷させたりする働きがあり、ヒトも含む生物にとっては有害な光です。これをメラニン色素によって吸収してしまい、細胞にまでダメージを与えないようにしているというわけです。ですから、この色素はヒトにとって敵であるどころか、むしろ体を守ってくれているということができるのです。日焼けなどがまさによい例なのですが、より多くの紫外線を浴びると、ヒトはよりしっかりと紫外線から体を防御しないといけないと判断し、より多くのメラニン色素を作ることになります。つまり、日焼けというのは紫外線の直接の作用ではなく、紫外線を浴びることで生体の防御反応としてメラニンを作りだすことになるためということができます。
草加市整骨院